<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

オリーブオイル

育児ネタが続いたので、久しぶりに食べ物のお話。
スペインが誇る食材といえば、1も2もなくオリーブオイルですが、その種類たるや、イギリスのクリスプス(ポテトチップス)並み!…って、微妙な表現、、、スーパーの陳列棚1列ずらーっと占拠している、といえばわかりやすいかな。
お値段も質もピンキリですが、せっかくなので、「ピン」のほうを在西中に味わっておきたいと、最近になってようやく色々買ってみています。

あれこれ試した結果、私がおいしいと思ったのはコレ↓
e0158264_5195031.jpg
左は九官鳥のイラストが印象的なMerula。パッケージが可愛いし、持ち運びやすく日持ちもする缶入りということで、お土産に人気。
右は私の一番のお気に入りHedone. 500mlで13ユーロは高いなーと最初思いましたが、食べて納得。なにしろオリーブの香り高さ、濃厚さ、そしてさわやかな後味、絶妙バランス!
e0158264_5284128.jpg
で、これらをどうやって食べるかというと、うちではもっぱらこのトマトのお伴。KUMATOというこの品種(そう、トマトの種類もすごーく豊富!)、青い黒っぽい色が特徴で、甘みはゼロだけどトマトの味が濃くて歯ごたえの強い(硬い)骨太トマト。これをざくざく切って、Hedoneをスペイン人風に、惜しみなく、カロリーも考えず(笑)だばだば~っとぶっかけ、ぱらりと塩をふって、…以上!これがもう最高、もう完結!な味なのです。(スペインでは、出来合いのおいしいドレッシングが売ってないのだけど、それも納得の今日この頃。だって必要ないもんね。)

オリーブオイルってワインに似ていると思います。果実味(オリーブの味わい)全面押し出し系、香り重視系、後味重視系、何にでも合う万能選手系…。あれこれたくさん飲み比べ?!ているうちに、だんだん自分の好きな味がわかってきて、その方角をとことん究めたくなるところもワインにそっくり。

これからも色々試して、おいしいのを見つけて、日本に帰る際にはどっさり持ち帰ろうと思っていますので、お友達のみなさま、お楽しみに~♪
[PR]

by septfilles2 | 2010-05-31 05:36 | グルメ  

Tofu Catalan

4月、バルセロナに、普通のお豆腐屋さん、Tofu Catalanがオープンしました。ここのお豆腐は、保存料を使っていない普通のお豆腐!…って日本ではそんなの当たり前すぎて「どういうこと?」と思われそうですが、海外で買うお豆腐は、長期常温保存可能の真空パック入りが普通。8年前の渡英当初はビックリしましたが、いつのまにかそれにも慣れ、お豆腐といえばそれが当たり前になり、そしていつのまにか長いこと冷ややっこも我が家の食卓から消えていました。(なべ料理や、味噌汁などはOKですが、冷ややっこで食べたくはない味、というのが正直なところ。)

e0158264_4563588.jpg
久しぶりに食べる「普通の豆腐」には、あぁ、お豆腐ってこういう味だったよね…とシミジミ。もちろん冷ややっこで、おろしショウガとかつおぶしとネギをのせて。子供たちも喜んで食べます。やっぱりおいしいものってわかるのね。
そして、嬉しいことにお店ではおからも売っているので、今、おからを使ったおやつが我が家のブーム。おからホットケーキ、おからマフィン、写真のおから蒸しパンなどなど。いくら食べさせても安心、「もう終わり!」とか「1個だけね!」とか言わずに済んで、親子ともども平和(笑)。娘も離乳食をとばして?おからにハマっています。日本人のDNA、万歳~!
[PR]

by septfilles2 | 2010-05-31 05:10 | バルセロナ生活  

取れた!

5月になってまもなく、ついに、息子Yが完全パンツマンになりました~!

きっかけは、同じ幼稚園のポーランド人ママ。ある日いつものようにお迎えに行ったら、幼稚園から出てきたうちの子を見て、「あれ?Yってまだオムツしてるの?」と。「そうなのー。いまトレーニング中。」「何歳何ヶ月だっけ?」「2歳10ヶ月。」といったら、おもいっきりえーっ?!という顔をされて、「うちのPaulinaは2歳になってすぐさっさと取ったわよ!日本人って取るの遅いんだー。ポーランドじゃ2歳でほとんどの子がオムツなんてしてないわよ!」…「日本でも、昔は(強調)、早いほうがいいっていう考えだったらしいけど、最近は3歳の夏に取ろうっていうのが主流だよ。」と返しつつ、フツフツと不快感が…(爆)

というわけで、帰宅後、私の一存でいきなりオムツ奪取(笑)。当の本人は、「突然なに?!」と戸惑いの表情ながら、大大大好きなマックィーンのパンツでご機嫌!「ママ、ぼくね、パンツマンになったよ!ほら!」と100回ぐらい繰り返し。夜、寝る前はさすがにムリだろうとオムツしようとしたら、「だめだよ、ボク、パンツマンになったんだから。ナッピーやだよ!」と拒否。あぁ、絶対おねしょするんだろうなぁーと思ったけど、まぁいつかはやらなきゃいけないし、もういいやっ!と覚悟を決めてパンツのまま寝かせたら、午前3時頃、むくっと「トイレ行く。おしっこ。」といって起きて(!)、寝ぼけ眼のままトイレに連れて行き無事おしっこ。で、朝まで無事で、初日が終了。昼間はパンツになっても、夜はオムツ、という子が多いと聞いていたので信じられない思いだったけど、Yの場合は、これに関しては問題なかったみたい。そして最近は、「あれ?いないなぁ?」と思うと、ひとりでトイレに行っておしっこしてたりして…これ寂しいです(笑)。
e0158264_1637442.jpg「まったくさー、ポーランド人にバカにされたくないっつーの!」と夫に愚痴った夜から、あっという間に大人になっちゃったみたい。すっきりしたお尻周りで軽快に走ってく後ろ姿を見ていると、嬉しさ半分、寂しさ半分。まだ一人残ってるナッピーちゃんを当分ベタベタ可愛がるぞ~。

えー、その節は、大変にムカつきましたが、おかげさまで、あっけなくオムツ取れました、Paulinaのママ、ありがとう(笑)

写真は、モンジュイックの丘のゴンドラ。スペインでは珍しい、綺麗で良く出来たゴンドラ。海と街と山を同時に見ることができておススメ!
[PR]

by septfilles2 | 2010-05-22 16:45 | 子育て  

難題

こどものなぜなに攻撃がだんだんめんどくさく難しくなってきたこの頃。

この間のこと。トーマスをいじりながら
「ママー、エンジンってなあに?」
「…。エンジンっていうのはー…、トーマスがー…
 走るためにー…、…エ、エンジンがないとー、トーマスは動けないの。」

「やだー。ママ、わかんない。それ、わかんない。」
…だろうね…。

「そういうの、パパが得意だからさ、パパ帰ってきたら聞いてみる?」
…といいつつ、ふと、<エンジン=機関車>という意味もあることを思いだした。
「そうそう、エンジンは、機関車のことだから、トーマスのことだよ!
 トーマスは、エンジンのなかでも、Steam Engineだよ、スチーム・エンジン!」

どうだ、これで納得だろうっと、辞書を広げて、Engineのページを息子に見せると、
(もちろん内容が読めるわけはないけど)辞書が出てきたことで妙に納得した様子。
「トーマスは、スチーム・エンジン!スチーム・エンジンって言うんだよ!」
とひとりごとを何度も繰り返し、ご機嫌!よしよし。
と、ほっとしたのもつかの間、
「ママー、スチーム・エンジンってどういうこと?」
「…。」(聞こえないふり)
「マーマー!スチーム・エンジンってどういうことなのー???」
「…。す、水蒸気がー…。しゅしゅっぽぽっていってー…。
 その力がー…」


…ごめん。ほんとごめん…。

小学生ぐらいになれば、「じゃあいっしょに調べよっか」と言えるかもしれないけど
今は、親の説明が全てで…。

もー、パパ、早く帰ってきて!(現在出張中…)
[PR]

by septfilles2 | 2010-05-15 00:28 | 子育て  

誕生日のリクエスト

6月末に迫った、いえ、全然迫ってない、息子の3歳の誕生日。
今から「プレゼントは何を買ってあげたらいいの?」と悩めるおばあちゃんから電話があったので、本人に聞いてみることに。

「Uは、3歳のお誕生日何が欲しい?お誕生日は特別な日だから、1年に1回だけ、
 何でも欲しいもの買ってもらえるんだよ。」

トミカのカレンダーをカタログ代わり?!にぺらぺらめくりつつ、沈黙の息子。
「またクルマかい…。もうこれ以上、ミニカー増やさないでよ…。」と内心思いつつ、
答えをじーっと待ちます。消防車のページ、工事車両のページ、1ページ1ページ、
じっくり何分もかけて吟味して、出てきた言葉は、

「ボクねぇ、にほんにいきたいんだよぅ。」

…そう来たか…。
日本に行ったら、スペインでは売ってないオモチャがたくさん買ってもらえるから?飛行機や電車や新幹線に乗れるから?大好きなおじいちゃんと一緒に遊べるから?それとも、ママが実家で上げ膳据え膳で、ずーっとご機嫌になるから?!(笑)

理由までは本人語らずだったけれど、いずれにしても、ドキッときたリクエスト。これ実現したら間違いなく、一番高くつくわ…。
e0158264_521072.jpg

[PR]

by septfilles2 | 2010-05-12 05:21 | 子育て  

端午の節句、手作り柏餅

5月5日、柏餅を作って、男の子ママのお友達といっしょにお祝いしました~。
e0158264_703662.jpg
柏の葉だけは日本から。それ以外の材料は現地調達。白玉粉と上新粉は日本食材店で。あんこは自作。今年は一度作ってみたかった「味噌あん」に挑戦。白インゲン豆(Albia)から白あんを作り、お味噌を混ぜただけですが、日本の白あんとはなんか違うものに…。豆が違うから?でもおいしかった!
e0158264_782526.jpg
幼稚園から戻って、さっそくパクリ。去年は私が妊娠中しかも絶対安静時で作ってあげられなかったので、息子にとっては実質初の柏餅。「おいしい?」「うん、おいしい。」…やや無理やり言わせた感(笑)。やっぱり洋菓子のほうが食べやすいみたい。

もうそれ以上元気にならなくていいよ
これからも、元気に大きくなってね!
[PR]

by septfilles2 | 2010-05-06 07:13 | 手作り  

三ツ星の息子

最近バルセロナにもマンダリン・オリエンタルホテルがオープンしました。ここのメインダイニングMomentsのシェフは、あのサン・パウのカルマ・ルスカリェダさんの息子ということで話題。こどもたちを預けて食べに行ってきました。
e0158264_18422455.jpg
上から、旬のホワイトアスパラ、中心は鱈、顔はオリーブのペーストで、タイトルは「Miro's Bird」。バルセロナならでは、ミロの絵をモチーフにしたお魚料理の一品。ちなみにオードブル以降、一口大のお魚料理が7品ぐらい続き、やっとメインにたどり着くのですが、魚介中心というメニューの組立も調理法も、カタルーニャのベースを強く感じます。
写真が下手で、さっとスマートに撮れない私は、食べ物の前であーでもないこーでもないともたもたするのが苦しいので、レストランでは写真撮りません(撮れません)。なので、今回もこの1枚だけ。
洗練されているけど、カタルーニャの伝統、筋が一本通ってる!という感じで、旅行者におすすめしたいレストランでした。

しかしこの日、私たち(女性3人)、一番最初に入って(1時半)、出てきたのは一番最後(5時半)で、半ば追い出されました…おばちゃんたち喋り過ぎって(苦笑)。しかも、出てきた料理をみていちいち「わー!」、説明を聞いていちいち「ふーん、へぇー」とかいうリアクション(私たちは無意識にやってるのですが)、それが日本人特有?オバちゃん特有?で面白かったらしく、お店の人たちに大ウケ…。あぁー、日に日に血中オバ濃度が高まっていくよ…(泣)。
[PR]

by septfilles2 | 2010-05-03 18:57 | グルメ