<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

クリスマスのCarcassonne

ちょっと古い話題ですが、去年末の旅を振り返って。
車で3時間ほど、スペイン―フランス国境を越えてすぐの城塞都市、カルカソンヌにいってきました。

中世の城砦がそのまま残る小さな町。城塞のなかにある小さなホテルに泊まりました。
e0158264_17452547.jpg


お部屋のなかはこんな感じ。ヨーロッパのプチホテルには珍しく?随所がちゃんとしていて快適~(笑)
e0158264_17471124.jpg
トラベルコットを置いてもらってしまうとどうしても狭くなりますが、そこは雰囲気でカバー?

e0158264_17483417.jpg
小さな石畳の道、お土産ものやレストラン、カフェもいちいち可愛くて、やっぱりフランス~(スペインとは違うね~…)な空気。ただ歩いているだけでも幸せな気分になっちゃうね。

e0158264_17501179.jpg
といいつつ、ママのお楽しみは断然コレ。城塞を抜け出して車をぶっ飛ばし、地元スーパーへ!!(笑)スペインではみあたらない食材を大量に。スパイスやスープの固形キューブ、バター、塩、小麦粉…。それにプチバトーだってスーパーでバンバン売ってるんです。がっつり買うしかないでしょう?!
しっかし、なんで山(ピレネー)ひとつ越えただけでこんなに違うかね…。子供用お買い物トロリーが息子に大好評だったのも功を奏し、思う存分買えました!ありがとう、CASINO(涙)!

e0158264_17564425.jpg
ホテルのお部屋はルーフバルコニーになっていて眺めも良いし、子供も存分に遊べて最高だったのですが。以下余談。今回はウチのベビーカーのうち、QUINNY ZAPPを持って行ったのですが。旅行の途中でまっぷたつに壊れました…。たたんだ状態では世界最小というだけあって、独特のHolding system?なのですが、そのせいなのかなんなのか、ハンドルからずーっと下がって前輪までつながっているジョイントの部分が突然ぱっくり壊れて、たためもしないし広げもできない状態に…。ちなみに使用回数はおそらく30回未満。。。腹たちますー。
他にもマクラーレンは車のトランクに入れた上に、スーパーのお買い物袋を積んだら、サンシェードが曲がっちゃってきちんと広がらなくなったし、レインカバーは息子のキックで即破れたし…。
2年と7カ月のあいだ、3台のベビーカーを併用してきましたが、結局一番、毎日手荒に扱ってなんのトラブルもなくここまで来たのはBugabooだけです。高かったけど、あれこれ買った子供用品のなかで一番良い買い物だったと自信を持って、これからの方にはおすすめです。
[PR]

by septfilles2 | 2010-02-24 18:06 |  

2年目のカルナヴァル

今年もやってきました、Carnaval。
去年はこんな感じでしたが、今年はTorero(闘牛士)に挑戦!
e0158264_19144431.jpgきゃーきゃー走り回って全く静止画像が撮れなかった去年。今年は、「写真撮るよー!」というと、ぴたっと止まってくれるけど、わざと変な顔をするように…。これも成長の証?!

ちなみに他の子たちの衣装は、女の子は、姫系、フェアリー系のオンパレード。男の子たちは定番パイレーツや忍者(なぜか人気)、スパイダーマンなどなど。
個性的なところでは乞食←古着をボロボロに破いて髪の毛もボサボサにして顔は薄汚くして、、、これ、お金かからなくていいかも(苦笑)
[PR]

by septfilles2 | 2010-02-16 19:20 | 子育て  

おもしろ&感激語録

たぶん、すべてのママさんが経験することだと思うのだけど
子供の言葉がどんどん増えて、ちょっとした会話ができるようになってくると、
ぐーんと楽しみが増えますね!!

息子との会話も、1日1回は「心に残るフレーズ」があって、
毎回そのときどきで、忘れないようにメモっとこう!!と思うのだけど
下の子のお世話中だったり忙しくて、残念ながら忘れちゃうのが現状…・

こないだ笑っちゃったのは、トミカのコンクリートミキサー車をいじりつつ、
息子「ぼく、コンクリートミキサー車、乗ってみたいなぁ。」
私「そうねー、乗ってみたいね。でもね、コンクリートミキサー車は
  コンクリートミキサー車の運転手さんにならないと、乗れないなぁ。」
息子「コンクリートミキサー車の運転手さん?」
私「そうだよ。Yは、コンクリートミキサー車の運転手さんになるの?」
息子「うーん…。ムリ。」
微妙にイマドキの若者っぽい表現。いったいどこで覚えたの?!(笑)

そして、とってもうれしかったのは、すごーく何気ないのだけど、
息子がお風呂に入っているとき、すぐ横でおもちゃを片付けていた私が
ブロックのひとつを踏んじゃって、瞬間「いたたー!!」と声をあげたら、
状況を見ていたわけでもないのに、その声だけに反応してお風呂から、
「ママー、だいじょうぶー?どうしたー?」と言ってくれたこと!!
なんだか、普通に大人同士の会話のようで、、、感動しました。
「うん、だいじょうぶー。ありがとね、心配してくれて~。」
こんな会話、久しく誰ともしてないよ…(涙)

最後に、ちょっと複雑な気分になった会話。
幼稚園に行く前、玄関で靴を履いているとき。
私「Yは、幼稚園で誰が好きなの?マリア?」
息子「うーん。マリアじゃないよ。」
私「えー、じゃあ誰?」
息子「ラウラ。」
(ラウラ?あー、そういえばそんな子いたわね!
しかしすごい即答!しかも微妙に照れてるし。にやけてるし!!)
私「そうー、ラウラが好きなのー。ラウラ、かわいい?」
(平静を装いながらも動揺中。)
息子「ラウラ、かわいい。」
もういいよ。聞きたくないよ。
そうだよね、ラウラのパパ、めちゃくちゃかっこいいもんね。
かわいいわけだよね。…いじけてブツブツ落ち込み…。
その日のお迎えのときは、私の目もラウラにくぎ付けになってしまいました…。
母心って微妙。
[PR]

by septfilles2 | 2010-02-11 06:25 | 子育て  

頭の形矯正バンド

毎月一度、娘の小児科検診に行くのですが。
1か月検診の頃からずーっと、毎回毎回、頭の形が悪いと指摘されてきた彼女。
親の私からみると、「たしかにまんまるではないけれど、そこまでひどいかなぁ?」という程度なのですが、
スペイン人は頭の形にこだわるのか、それともたまたまこの主治医がそうなのか
とにかく毎回毎回「どうにかしないと!」「この子の唯一の問題は頭なんです!」とくどい。私の寝かせ方が悪かった、さらにいえば、育て方が悪かった、と責められているようで、気が重く、検診のたびに憂鬱なのです!

そしてついに昨日の6カ月検診では、先生曰くの「唯一の解決法」を提示されました。
e0158264_2353241.jpgそれがこれ。
ボクサーがかぶるヘルメット?のような矯正器具です。ひとりひとりの赤ちゃんの頭の型をとって、オーダーメイドでヘルメットを作成して、1日お風呂に入るとき以外はずーっと装着させて、2~3カ月たつとまんまるのきれいな頭になる、というものなのですが、、、どうですかこれ???

私のなかでは、日本人の赤ちゃんって、ちょっと絶壁だったりどこかとんがっていたり、低月齢のうちはいろいろだけど、<幼児>になる頃にはだいたいみんな丸い普通の形の頭になるんじゃないかと。だから、別に気にしなくていいんじゃない?という程度の認識だったのですが…。

これをきっかけに色々調べてみたら、この器具、スペインのみならずイギリスやフランスでもとてもメジャーなものらしいのです。

でも、2~3カ月できれいな頭になるなら、作ってあげてもいいかなという思いもちらほら。どうせやるなら早いほうがいいし、暑くなる前に外せるよう、もう今すぐにでも型を取って矯正スタートすべきなのかな、とか。。。悩ましい今日この頃なのです。
[PR]

by septfilles2 | 2010-02-02 23:59 | 子育て