<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

共存のための試行錯誤

私ひとりで子供ふたりを連れてどうやって外出するか?
コレ、いまいちばんホットな課題!
二人目が生まれる前、同じ幼稚園のママから、「マクラーレンのダブルバギーあげる」なんて言ってもらったりしたのだけど、東京みたいな環境のバルセロナでダブルバギーを使いこなす自信はなく、結局、ずっと使っているBugabooの、アクセサリーWheeled Boardを買ってつけました。
e0158264_0532690.jpg
写真左下のボードの部分に上の子が立って、ハンドルにつかまって、、、というものですが。先日、息子落っことしました…。「あ!信号が、赤になっちゃう!」と急いで走ってカーブを曲がったら、息子、遠心力に負け、落下。落下ののち縁石に頭打って呆然自失…。ゴメン、せっかちママのせいで…。

狭いうえに、ドアを自分で開け閉めしないといけないエレベーターにBugaboo+2歳児で出かけるのも一苦労だし、こないだはバスから降り損ねてしまったし(バギー固定したのをはずして降りる準備をしているうちにドアを閉められて発車されちゃった!)、とにかく、子連れの外出はいちいち大変なのです。2人ともグズッてなくても十分大変なのに、そのうえどっちかに泣かれたりしたらもう…、色んな汗が出てきて、暑くもなんともないのに私ひとりで汗だく(爆)。

いろいろ試行錯誤の結果、一番動きやすいのは息子は手をつないで歩き、娘はビョルン(抱っこひも)。でもこれだと距離と時間に限界が…。なんとか私も子供ももっとラクになれる方法を編み出さねば…。

そのほかにも、ひとりで2人みるのが大変な時間は寝かしつけ。娘におっぱいあげながら息子に絵本読む、というのが理想なのだけど、この状態だと息子は妹に嫉妬して乗っかったり頭叩いたり、絵本どころではなく。

2人のママになってまだ1ヶ月半の新米の私。これからもいろいろ試行錯誤を繰り返して、自分と我が子にぴったりの方法を見つけて行かなくちゃ、です。いいアイディアをお持ちの先輩ママさんからの情報、随時お待ちしております^^
[PR]

by septfilles2 | 2009-09-28 00:58 | 子育て  

ヨウチエン、ヤダ。

「言葉の爆発期」というものがあるらしいのですが、まさにいまがそれだー!という感じの息子。日1日と単語が増え、表現のバリエーションも増え、面白い!
面白い反面、今まではわからなかった「泣いてる理由」や「怒ってる理由」をハッキリ言うようになったので、私も切なかったり、どうしようもなくて可哀想だったりすることも。

2ヶ月半の夏休みが終わって、9月2週目から新学期がスタートした幼稚園。最初の1週間は予想通り、行くのを嫌がって手こずったのだけど、今まではただ、「ギャー」とか泣いたり喚いたりだったのが、突然、めちゃくちゃ明瞭に、「ヨウチエン、ヤダ。」と言い出した!そんなにハッキリ言われると、「何かイヤなことがあるんだろうか?」「誰かにいじめられてるんだろうか?」などなど気になってしまうじゃないの!ただ泣かれていたときは、「はいはい。」となだめて流すことが出来たのに、あまりにはっきり「ヨウチエン、ヤダ。」アピールされると、「そんなにいやなの?じゃあ行かなくていいよ…」と言ってしまいそうになる私…。

でも逆に、帰り道はいつもすごくご機嫌で、「エリッサ(←担任の先生)、好き♪」とか、「ヨウチエン、楽しい!」とか言うので、実際は楽しんでいると思うのですが…

「これなに?」攻撃に遭うので単語はその都度教えるけど、文法は一切教えてないのに、自然と、現在・過去・未来、ちゃーんと使い分けるのもすごく不思議。これが母国語ってことなのですね。枯葉を差し出して、「葉っぱ、拾った。」と言われた日はちょっと感動でした。

e0158264_574347.jpg子供の成長、それぞれの時期にそれぞれの楽しみがあるけど、2年3ヶ月になった今、やっとやっと心から「楽しいー!」と思える時期が来たような気がします。やっぱり言葉を使って通じ合えるのってすごく大きな喜びだし、逆に通じないストレスは親子ともどもホントにつらいのよね…。
[PR]

by septfilles2 | 2009-09-24 05:12 | 子育て  

新オーブンでカステラ試作

7月末からヘルプに来てくれている母のバルセロナ滞在も、あと1週間を切りました。
慣れない台所で、慣れない食材を使っての食事作り。そして慣れない洗濯機、洗剤も説明書も、読んだところでチンプンカンプン。何もかも、「これどうやって使うの?」といちいち聞かなければ動けない。でも、聞く相手の娘も常にバタバタでタイミングがつかめない。外出もできず(カギも、エレベーターのシステムも、日本とは大違いなうえに、扉なんかが古くて重厚なので高齢の母にはコントロール不能です…)、TVを見てもわからない、ツマラナイ、、、そんな過酷な環境の下、2ヶ月間よくやってくれました…。どんなに感謝してもしきれません。

e0158264_17245165.jpgそのうえ、実は我が家、事情があって出産後3日目に引っ越しをしたのでした。新しい家に来て初めてのオーブンで、母へのせめてもの罪滅ぼし?!に、カステラを焼いてみた。(というのは口実で実は自分が食べたかっただけという話も…)
卵4コ、お砂糖100g、強力粉120g、みりん・はちみつ各大さじ2。それだけの単純レシピ。ひたすら混ぜて焼くだけですが、それだけにオーブンのコントロールは肝。なんとか形になったかな。

前回イギリスでの息子の出産時、海外ならではの不便さ、勝手の違いにヤキモキして、「日本だったらもっと役に立てるのに!」を連発していた母。まさか今度はスペインくんだりまで呼び出されるとは夢にも思っていなかったそうです。

どこで産んでもお産は大変だし、子育ては万国共通の苦労があるけど、海外であるがゆえの苦労を、夫も母も、息子も、家族みんな味わって、その分強くなった…と、思いたい、思うしかない。

比較的きれいに切った部分は母に。
切れっ端は、息子に。「今日ねー、Uが幼稚園行ってる間にぐりとぐらがきて、カステラ焼いてったのよー」と言ったら大興奮でかぶりついていました(笑)。
[PR]

by septfilles2 | 2009-09-23 17:34 | バルセロナ生活  

1ヶ月おめでとう旅行

娘が生まれて無事に1ヶ月が経ちました。
ちょうどバルセロナの3連休と重なったので、1ヶ月記念旅行へ。といってもまだまだほにゃほにゃの赤ちゃん連れて遠出は無理…。車で2時間ちょっとの、Tortosaのパラドールにしました。

ここも元・お城系。レコンキスタの舞台となったTortosaらしく、内装はところどころイスラムちっく。
e0158264_11121253.jpg

パラドール下に流れるのはエブロ河。河を眺めること自体ひさしぶり!癒されます。
e0158264_1118455.jpg


e0158264_11203216.jpg「ここはどこ~?」。往復の車のなかでも、ホテルのなかでも、ずーっとおとなしく良い子の娘。ラクチン…。面倒だったことは、ただひとつ、ミルクの準備…。ボトル6本、トラベルケトルにミネラルウォーター…、ミルク関係の荷物だけで大量!車じゃなきゃ無理だわこれ。(自分がワイン飲みたいがためのミルク持参だったので、自業自得なのですが…)

e0158264_1133680.jpg帰り道、Opencorに寄って買ったケーキ。おうちで、みんなでお祝いしました。上の子の1ヶ月記念はパパがチーズケーキを手作りしたのに…、ごめんね、スーパーのケーキで…。
ほ~んと二人目って色んな意味で不憫…(苦笑)。どうしても上の子に手がかかるので、基本<放置>になってしまいます…。それでも泣かずに良い子なのが余計かわいそうで、かわいくて、けなげに思えて、、、うるさいの息子が幼稚園に行ってる間はベタベタと可愛がっています。なんだかもう孫のよう…。

我が家の癒し系ちゃん、これからもすくすく元気に育っておくれ~♪
[PR]

by septfilles2 | 2009-09-13 21:35 | バルセロナ生活  

女子のたしなみ?

話に聞いてはいたけど、今回の出産で実際体験してビックリしたカルチャーギャップのひとつ。
女の子を産んだママは、すぐに助産婦さんからこう聞かれるのです。
「ピアスの穴、開ける?」
スペインの女の子たちは、ほぼ100%といっていいほどピアス。それも産まれてすぐに開けるそうなので、幼稚園や公園でみかける乳幼児もみーんなピアスです。

e0158264_3441346.jpg条件反射的に「No!」と言ってしまったけど、どうせいつか開けるなら、今開けても同じかなー、、、でもこんなほにゃほにゃ、やわやわの耳に、いま穴を開けるなんて、やっぱりちょっと抵抗が…。そんなわたしは古いでしょうか。
[PR]

by septfilles2 | 2009-09-03 03:56 | 子育て