<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

スペインの大晦日

スペインの人々は大晦日にブドウを食べるそうです!

12月31日の夜中の12時の鐘が鳴り始めたら,それが鳴り終わるまでのあいだに12粒のブドウを食べる,という話をスペイン語の先生から聞いて,「そんなの楽勝じゃないですか~」と言った私.でも先生曰く,「それが,やってみるとけっこう大変なんですよ!皮とか種が邪魔で…」

e0158264_4275845.jpgというわけでこの時期スーパーで見かけるのが,「皮なし,種なしのブドウ12粒セット」.先生からこんなものが売ってると聞いたとき,冗談かと思ったけど,本当にあったあった!わざと皮つきの高級め?バージョンから,缶詰,プラスチック容器入りなどいろいろ.
さっそく私も大晦日の鐘といっしょに試してみます.12粒なんて楽勝~♪かどうか,ね.
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-31 07:17 | バルセロナ生活  

Feliz Navidad!

e0158264_4395769.jpgみなさん,メリークリスマス!どんなふうにおすごしですか?
ぼくは,きょう,チキンのローストと,ポテトをたくさんたべました.
でもバルセロナのひとたちにとっては,ローストはクリスマスのごはんではなくて,おさかな,とくにえびをたくさんたべるそうです.
ぼくのおうちには,にほんからサンタさんがくるんだって.ほんとかなぁ?

みなさんも,すてきなクリスマスをすごしてくださいね.
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-25 04:41 | バルセロナ生活  

バルセロナ 冬の味覚

スペインに来てから,外食がますます増えました.どこも安くておいしいんだもん!
あのロンドンで,とくに子なし時代,1回の食事,それも大しておいしくもなく,大して高級でもないお店にも100ポンド200ポンド払っていた日々っていったいなんだったの?!と今更思い出しては悔しくなります(今は円高でちょっとはマシになったのかしら).

というわけで今週末は,冬のカタルーニャ名物,カルソタデスを食べにタラゴナの村まで行ってきました.家から車飛ばして1時間強.

カルソタデスとは,焼きネギ.冬の間(11月~4月)だけしか食べられない季節もの.

e0158264_4423875.jpgだだっぴろい農場のなかを走っていくとあらわれるレストランは大きな農家を改築したような構え.この中庭に足を踏み入れたときから,もう,ネギを焼く香ばしいかおりが漂ってきます.ここにずっと居たら私も燻製になりそう…(笑)

席に案内されると,すでに卓上には赤ワインのカラフとお水が.これって勝手に飲んでいいってこと?だよね?などと話しているうちにお店の人がやってきて,「カルソタデスでいいですね?お子様にはマカロネスね?(←ペンネのミートソース,これどこでも定番みたい.)」と有無を言わせない感じ.もちろん,シー,シー,と言って待つと…

e0158264_445069.jpg
じゃーん.これがそのカルソタデス!真っ黒に焼かれたネギ(大量)が,赤土の大きな瓦にどっさり.これ,真っ黒に焦げた外側の部分はむいて,中の白いところだけを手前のソースにつけて食べるのです.大量のワラを燃して,蒸し焼きにするというこのネギ,ぱっと見お世辞にも美味しそうとは言えませんが,ワラで蒸された中の部分は,クタクタのトロトロ.ソースは,マヨネーズぽく,かつニンニクも少々香り,また色は赤めなので,アリオリ+トマト,,,かな?

え?それでどうやって食べるの?って,,,こうやって↓
e0158264_4553731.jpgお見苦しいでしょうがご勘弁を.皆こうやって手づかみで,上を向いて口をうわーんっと開けています.かなりワイルドだけど,これがお作法.ナイフとフォーク?そんなものは出てきません!私も夫もかなり無言….そうそう,カニ食べてるときとおんなじ図(このエプロンもカニ屋さんぽいですね!).手づかみ食のときは人間なぜ言葉が出なくなるのか?


山盛りのネギをペロッと食べ終えたところで,お店のお姉さん,「もっとネギ食べますか?」.どうやらこのネギ,食べ放題.いやいや,いくらおいしいとはいえ,ねぇ,ネギばっかりそんな…ということで断ると,ここで初めてナイフとフォークが出てきて,ホッ(笑) よかった,ネギで終わりじゃないんだ~(笑).

で,すぐさま運ばれてきたのはこちらのお肉,炭火焼!
e0158264_582869.jpg
大きなソーセージと,ラムチョップ,骨付きポーク.付け合せは白インゲンとアーティチョークのローストです.お肉セットといっしょにCavaもどんと1本.頼んでないけど,セットなのね?!
「ねーねー,こういう料理ってさー,ずるいよね.」と私.だって,半分外みたいな石の家のなかで炭火でじゅーじゅーお肉焼いてカバ飲んで,おいしくないわけないじゃない!ちなみに,横で息子は白インゲンのローストに夢中.エンドレスにばくばくばくばく….お豆だし,静かだから放置…(←こういうことの積み重ねをいつかきっと後悔しそうで怖いんですが…).
そして,このお肉も,食べ終わると,「もっと食べる?」….どうやら食べ放題.(丁重に辞退いたしました…)

最後,カタルーニャのデザートといえば,のクレマ・カタラナ.それになぜか丸ごとのオレンジが2個ついてきました(可愛い).

結局,ネギ(食べ放題),お肉(食べ放題),赤ワイン1本,カバ1本,お水1本,それにデザートというセットで,ひとり35ユーロでした.感動!

e0158264_5221149.jpgなーんにも頼んでいないのに,どんどん飲み物も食事も出てくるところが,なんだかちょっと団体ツアーの食事のようで面白かったこのレストラン,こんどはもっとおなかを空かせて行って,おかわりしなくちゃ!?
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-22 05:29 | グルメ  

息子なりの激励

最近たてつづけにピソの階下の住人から騒音のクレームをされた.
「椅子を引く音がうるさい」とか,「子供が24時間ずっと泣いていて,もううんざり!」とか,まるで身に覚えのないことを言われ,私もどう対処していいのやら,ちょっと悩んでいた.椅子には騒音防止のカバーをつけているし,子供は,そりゃあ1日にトータル5分10分ぐらいは泣くけれど,24時間泣き通しってことはないし….

スペイン事情に詳しい友人,ピソのポルテロ,大家さんなど,各方面に相談しつつ,ちょっと調べたら,結局,その階下の住人は,<ちょっと普通ではない人>,ということが判明….住民コミッティのプレジデントからも「一切気にするな,忘れなさい」と太鼓判?!が….まともな大多数に味方についてもらい,我が家も被害家族?として認定され(階下の住人は過去にも同様の問題を起こしていたそうで),とりあえず一件落着,,,なのですが.

e0158264_575823.jpgそんなこんなでちょっと今日の朝食まで落ち込んでいた私,昨夜はあまり眠れなかったし,今日もまたクレームされたら何て言おう,,,なんて考えながらコーヒーをすすっていたら,息子が,自分の持っているマグを持ち上げて,「あんたーい!あんたーい!」,何度も何度も繰り返す….
「なに?あんたーい?」??


あぁ!「かんぱーい!ね!?」と気づいて,私も自分のコーヒーのマグを息子の牛乳にコツンとあてたら,満面の笑みで,さらに繰り返すこと数十回….

普段はこんなことしないから,今日は私が元気がないのを察知されてしまったんだろうな.その息子の健気さが嬉しい気持ちが半分.残りの半分は,こんなチビに気を遣わせてしまっている自分,こんなことぐらいで落ち込んでしまった自分が情けないという反省の気持ち….

隣人とのトラブルはいつでもどの国でも起こりうることだけど,ことラテンのここスペインに限っては,なんとかなるさで明るく丸く生きなくちゃ.ごめんね息子.今までどおり,ママに気なんか使わずに,思うがままに暴れて泣いて,明るく過ごしておくれっ!

…って,こういう,なにかしらトラブルが起こるときは,10000%,夫は出張です.どうしてなのでしょうか?!もう,これは,神様によるわたしへの嫌がらせ?!としか思えないのですがっ!!
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-19 05:21 | バルセロナ生活  

CagatioとCaganer

前の記事の丸太の人形についてViolaさんからコメントをいただいたので,調べてみました!

この人形は「Cagatio」(カガティオ・直訳;う○ちオジサン)といって,カタルーニャのクリスマスには欠かせないものなんですって.…おじさんだったんだ….だったらもっとおじさんっぽい顔のを買ってくればよかったな~!!
e0158264_511389.jpg
で,これどうやって使うかというと,12月25日まではお尻のほうに布をかけておいて(冷えないように),親はそのなかに子供へのプレゼントを隠す.25日になったら子供たちはこのおじさんのお尻をバンバン叩いて,「う○ちしろー」=「プレゼントを出してー」と唄うんだって.でもどうして突然う○ちなの!?この話を聞いても,納得いくようないかないような…?!?!
うちに買ってきたのはとっても小さいので,全然プレゼントは隠れません!

さらにこれ.これもう○ち人形です….(書いてていやになってきた…)
e0158264_59225.jpg
こちらもカタルーニャのクリスマス伝統人形,「Caganer」(カガネ・英語では”The Sitting Man”または”The Fertilizer”)こんなウェブサイトまであります….これは,Christmas Crib(べレンのお人形のなかでキリストが入ってるゆりかごのこと?)に一緒に入れておくと,翌年の土地も肥沃になる,というおまじない.Fertilizerということは,五穀豊穣,同時に子孫繁栄の意味もあるのでしょうか.

「こんな人形,うちには要らない!」と,あくまで私は無視していたのですが(笑),夫が「でもさぁ,この状況(クリスマスマーケットの喧騒,大混雑)で,こんな顔してのんきにう○こしてるって,なかなかいいよねぇ.」と言うのを聞いたら,たしかに,,,それもそうかも?と思えてきて,ついひとつ買ってしまいました(バカ).

ちなみにこのカガネ,その年の話題の人もモデルになるそうで,よくファション雑誌に載っているスペインの皇太子妃,レティシアさんもターゲットにされたことがあるそうです.日本じゃ考えられないよね!?
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-10 05:30 | バルセロナ生活  

クリスマスマーケット

イギリス人のママ友から仕入れた情報によれば,そろそろクリスマスマーケットが始まる,というので早速シティセンターのカセドラルの広場へ行ってきました.
e0158264_448413.jpg
広場にはぎっしりとお店が立ち並び,かなりの混雑!

e0158264_4514838.jpg
まっさきに目に飛び込んできたのはこの丸太のサンタ?です.このお人形のお店だけで10軒以上はあった!太い丸太そのままの大きさから,細い小枝のものまで,大きさはいろいろ.

e0158264_4594940.jpg
さらに,同じお店でも,ひとつひとつ,微妙に表情が違うので,どれにしようか悩む~(笑).
このお店でふたつお人形を買ったら,「正しいクリスマスの過ごし方」みたいなことが書いたプリントを1枚もらいました….が,内容はカタランで理解不能….

e0158264_592516.jpg
マーケットの主役はべレンのお人形.この人形屋台が延々何十軒も続くのです.他の国のクリスマスマーケットのようにホットワインも焼き栗もオモチャもありません,ひたすらこのお人形.お店によってテイストが微妙に違うので,自分の好みのお店を決めて,毎年少しずつ買い足していくのだとか.(毎年,同じ場所に同じお店がたつそうです).
基本セットは聖母マリア,父ヨセフ,イエスキリスト,牛,馬,それに天使の6体.このセットに,東方の三賢人,ベツレヘムの住人や動物などを追加していくんですね.

e0158264_5165320.jpg
我が家はカトリックじゃないけど,スペインならではのクリスマスムードにあやかろうと,基本セットを買ってきました.厩とお人形のセット,31ユーロ.
お人形は自分で配置するのですが,それぞれの位置でまた悩む.これ,適当でいいんでしょうか?宗教画をあれこれ思い出しながら,あーでもないこーでもないとひとしきり….やっぱり所詮はにわか信者のいんちきクリスマスなのでした~(苦笑).
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-09 05:29 | バルセロナ生活  

恐怖心

先日,こちらでのホームドクターとなる先生への登録ついでに息子の小児科検診をやってもらいました.その日は体調も良かったので,いつのまにか,流れで(苦笑),予防接種もすることに.

親の私が言うのもなんだけど,うちの子は人見知りも場所見知りもしないし,病院でもお医者様にきゃっきゃと懐く楽チンな子供だったので,病院に対する警戒心は私もゼロでした.イギリスで何度もやった予防接種だって,こっちが泣けてくるほどグーッと歯を食いしばって我慢.泣いたこともありませんでした

…そんな息子だったのに….今となってはすべてが過去形

スペインにきたら急に,病院嫌い,医者嫌いが爆発しちゃったのです! 

まず,通訳さんがイヤ.ものすごくお世話になってるのに,通訳さんがいなかったら受付すら出来ないのに,彼女が現れるだけで,超不機嫌!
当然,ナースもイヤ.ドクターもいや.服を脱がされるのも,聴診器も,お口あーんも,とにかく何もかもがいや!ちょっと触っただけなのに,なんにもしてないのに,真っ赤になって「オレに触るなー,ぎゃあああああ!」,大暴れ….事態が悪化すればするほど,他人事のように気が遠くなるわたし.だって,一回こうなったら何やったってダメってことは私がいちばんよく知ってるんで….みなさーん,これ,ほっとくしかないですよーっと,心のなかで言いながら,いちおう,息子をおさえつけるフリをする(爆).

結局その日は,ドクター,ナース,通訳さんに私,大人4人がかりでおさえつけて,水疱瘡,それにスペインでは新生児にすぐ打つというB型肝炎のワクチンを打ってもらい,終了.あー,疲れた.息子よ,きみも大変だっただろうけど,大人もみんな汗だくですよ….

e0158264_68668.jpg松田道雄先生の本には,「いちばん怖がるのは,1歳半前後」と書いてあったけど,まさにそのとおり.もうすぐ1歳半の息子の恐怖心,警戒心は,きっと今人生でMAX!え?まだまだもっと怖がりになって,暴れるって?
病院のあと,大好物のバイクですっかり機嫌が直った息子.きみ,さっきの顔と全然違うねー….
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-04 05:51 | 子育て  

しろくまちゃんのほっとけーき

緑色の野菜を嫌がる息子,ホットケーキにホウレンソウを混ぜて食べさせています.ロンドンの日本食材屋さんで買ってスペインに持ってきた日本のホットケーキミックスが早くも切れてしまったので,久々に生地から作ることに.
e0158264_4161963.jpg噂に聞いてた,生地に「マヨネーズ」を混ぜるレシピ.ネットで検索して作ってみたら成功!市販のミックスよりふんわりしていい感じ♪出来上がりもマヨネーズっぽさは全く感じず,言わなかったら絶対わからないですね.これってたぶん「伊藤家の食卓」系アイディアだと思うんだけど,こういうの,最初に思いついた人ってすごい!!

e0158264_436616.jpgところでホットケーキといえば,小さなお子さんがいるおうちならすぐに思いつくのがこのベストセラーでしょ.今日,ふと最後のほうをみたら,第一版は1972年10月!そんなに昔だったなんてー!
子供の頃からホットケーキはおやつの定番でした.家のフライパンは,今みたいなテフロンじゃなくてまっくろの鉄製だったので,焼き色は綺麗じゃなかったけど,ホットケーキってなんだかわくわくしたものです.あれから30年以上もたって,いろんな食べ物も道具も出てきて,日本人の食生活もだいぶ変わったのに,自分が母親になってもまだ子供のおやつにはせっせとホットケーキを焼いているなんて!他のおやつに比べて格段においしいわけでも,栄養があるわけでもないのに,ホットケーキって,な~んか,不思議な魅力があるんですね~?!
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-04 02:54 | 子育て  

B級グルメ

日曜日,カトリックのスペインでは徹底的にお店がお休みで,お散歩ぐらいしかすることがありません.でも,バル,レストラン,パン屋さんは空いているところも多いので,今日は家の近くの商店街で買い食い~.
e0158264_4323325.jpgこれはチュロス.揚げたてのかりっかりを屋台で買いました!かなり油っこいんだけど,揚げたてを外でほおばるとおいしくって進む進む….ほんとうはこれにたっぷりとチョコレートソースをつけて食べるらしいのですが,油ぎとぎとドーナツにチョコレートソース,,,さすがのわたしもそこまでの勇気は….


e0158264_4343471.jpgとかなんとかいいながらまた揚げ物(爆).パタタ・ブラバス.揚げたポテトにソースをかけたバルの定番メニュー.近所のバル「THOMAS」のブラバスは有名で,いつも行列です.このソース,基本はアイオリで,その上に辛くて薄いケチャップのようなものが重なるのですが,ニンニク強烈~!でもウマイ!ビールがすすみます….これまた要注意の一品.


<おまけ>
e0158264_4513041.jpg近所のごく普通のスーパーで発見!「Nameko」って書いてあるのわかりますか?たぶん,なめこの水煮…だよね?イギリスでは手に入らなくてとんとご無沙汰だったなめこ.なめこ汁好きの夫のためにすかさず買ってみました.こんなものまで普通に買えるなんてやっぱりバルセロナって素晴らしい!なめこごときでまたバルセロナ贔屓に拍車が(笑),
[PR]

by septfilles2 | 2008-12-01 04:58 | グルメ