三ツ星の息子

最近バルセロナにもマンダリン・オリエンタルホテルがオープンしました。ここのメインダイニングMomentsのシェフは、あのサン・パウのカルマ・ルスカリェダさんの息子ということで話題。こどもたちを預けて食べに行ってきました。
e0158264_18422455.jpg
上から、旬のホワイトアスパラ、中心は鱈、顔はオリーブのペーストで、タイトルは「Miro's Bird」。バルセロナならでは、ミロの絵をモチーフにしたお魚料理の一品。ちなみにオードブル以降、一口大のお魚料理が7品ぐらい続き、やっとメインにたどり着くのですが、魚介中心というメニューの組立も調理法も、カタルーニャのベースを強く感じます。
写真が下手で、さっとスマートに撮れない私は、食べ物の前であーでもないこーでもないともたもたするのが苦しいので、レストランでは写真撮りません(撮れません)。なので、今回もこの1枚だけ。
洗練されているけど、カタルーニャの伝統、筋が一本通ってる!という感じで、旅行者におすすめしたいレストランでした。

しかしこの日、私たち(女性3人)、一番最初に入って(1時半)、出てきたのは一番最後(5時半)で、半ば追い出されました…おばちゃんたち喋り過ぎって(苦笑)。しかも、出てきた料理をみていちいち「わー!」、説明を聞いていちいち「ふーん、へぇー」とかいうリアクション(私たちは無意識にやってるのですが)、それが日本人特有?オバちゃん特有?で面白かったらしく、お店の人たちに大ウケ…。あぁー、日に日に血中オバ濃度が高まっていくよ…(泣)。
[PR]

by septfilles2 | 2010-05-03 18:57 | グルメ  

<< 端午の節句、手作り柏餅 Bodega de Torres >>