イースター②

2日目はスペインに戻りつつ、一路Cadaquesへ。ダリの家を目指します。
e0158264_593432.jpg
ダリの自宅兼アトリエ、別名「卵の家」が建つ、静かな小さな入り江へ。卵が見えますか?
e0158264_5155043.jpg
自宅の見学は完全予約制。きっちり時間が決められ、5-6人のグループにまとめられ、ガイドの解説つき。内部の構造がとても複雑で、勝手に廻ると迷うだろうし、細かなオブジェも多いので、こうしないと大混乱になってしまうのでしょう。
ダリのイメージどおりの奇抜なオブジェや不気味なインテリアには背筋が寒くなった一方で、この未完の作品からは真摯なダリの息吹が感じられてちょっと温かい気持ちになりました。1989年没だから、ホントついこの間まで生きてたのよね。
e0158264_5262723.jpg
外もアートでいっぱい。あちこちに卵のオブジェがあって、割れている卵には中に入ることができたり。遊び心いっぱいのアートとか言ってひとことで片付けてしまうのはカンタンですが、この純粋さを死ぬまで持ち続けたことそれ自体が芸術なのね、と。
e0158264_5305833.jpg
外庭のプールサイドのオブジェ。有名なクチビルの形のソファにも座れます。このプールサイドがまたかなり奇抜オンパレードなのだけど(写真では伝えられないのが残念)、滅茶苦茶なようでいて、計算され尽くした絶妙なパランスがあり、そしてたしかに「美」もあり、、、実は食わず嫌いだったダリですが、まんまとはめられてしまった感のお宅訪問でした…。
[PR]

by septfilles2 | 2010-04-07 05:41 |  

<< Farewell Sushi ... イースター① >>