息子のスクールコンサート

バルセロナの多くの学校は6月中旬~下旬で学年が終了します。
息子の幼稚園も6月23日が最終日で、親も招待され、スクールコンサートが開かれました。
e0158264_17153782.jpg
2歳児クラスから4歳児クラスまでが一緒にステージに出てきて、英語の定番Nursery Rhymeに合わせてお遊戯。この学校は英語教育が売りなので、Phoneticsの成果発表として、母音、子音の発声などなど、「へぇ、こんなことやってたのね。」と驚きの内容も。

ところで、子供の発表モノにめっぽう弱い私。こういう学芸会はもちろん、日本のTVでやる小学生の「○人○脚レース」とか、「初めてのおつかい」とか、見ると5秒で泣きます。他人の子でもあんなに泣くんだから、我が子だったら涙腺崩壊して大変なことになるだろう、、、と覚悟して行ったのですが…

e0158264_1729960.jpgフタを開けてみれば、ちょっとちょっとー、うちの子の顔が見えないじゃないの!最前列に陣取ってやっと取れた画像がこれ!
1~2歳児達は、まだちゃんとお遊戯ができない、ウロチョロ動く、泣き出す可能性も高いので、いつでもそでに引っ込めるよう、3歳児4歳児の影になり、舞台うしろのほうにいたわけでした。せっかく泣く気満々で行ったのに?!、息子の顔が全然見えなくて完全拍子抜け…。

うちの子が主役じゃないと!一番目立つポジションじゃないと!
他の子の後ろに隠れてるってどーゆーことですかっ!!


…と、わたしも一瞬、モンスターペアレントの気持ちに(爆)。
ま、こんな思いを持つのは親なら当然。それを実際に先生に言うか言わないかの間には大きな違いがあると思いますが。

でも!パパが必死で撮ったビデオを家で見たら、3歳児の影ながらも、一生懸命、踊って唄っていた我が息子の姿がちゃんと映っていました!!「えらいねぇ、すごいねぇ、うぅっ…、、、。」、タオルを顔に当てての号泣は、家で、と相成りました…。来年は前に出て踊るのよ、息子!ママは会場で泣くからね!(笑)
[PR]

by septfilles2 | 2009-06-25 17:52 | 子育て  

<< 貴重なチャンス Birthday trip t... >>