攻防戦

気がつけば、前回の記事からはや1ヶ月以上…。元気は元気なのですが、ブログを書く余裕がこれっぽっちもない毎日を送っていました…。

暑いから?妊娠のせい?
いえいえ。

どうやらうちの息子もめでたく?<魔の2歳児>期に突入したらしいのです…。
「なんか最近やたらと手がかかるなぁ」と思い始めたのが1ヶ月前ぐらいで、それから今日まで、毎朝起きるのが憂鬱です…。「あぁー、また今日も1日が始まる…。」てな感じで。
e0158264_21182355.jpg
ちなみにこれは先日の朝食風景。静かに食べ始めたのも最初の5秒、その後突然絶叫が…。「どうしたの?なに?牛乳?バナナ?ヨーグルト?何が欲しいの?何がいやなの?」…わたくしもはや奴隷状態で息子様のご意向を伺いますが、一切応じず、敵はどんどん激しく暴れ始めて、フォーク投げ、スプーン投げ、お皿ひっくり返しご飯をぶちまけ…。怒りと涙を全力でこらえて、息子様の目線を追えば…サングラス。「これ?サングラスがしたいの?」と言ってかけてやると、ピタリ泣きやみ…。その後、鼻歌唄って、出し直した食事を完食…。(頭に来たので、冷やすため、写真を撮ってみました…。そして、その後は取ろうとするとまた絶叫、で、結局この日はサングラスかけたまま幼稚園まで行きました…恥)

と、こうして文章にしてしまうと、「ふーん、大変だねぇ」で終わりなわけですが。
私も今までは他人ごとで、「うわー、大変。でもそれって誰もが経験する一過性のことでしょ、ま、頑張るしかないよねぇ。」という反応しかできなかったわけですが。

こういうことが息子と一緒の間、ずっと続くと、さすがに親の私もおかしくなってくるので。どう対処したらいいものやら、藁をもつかむ思いで、片っ端から育児本を読みあさっています。モンテッソーリにシュタイナー、子供が何を考え、何故こういう行動を取るのか…。それを誰かに冷静に論理的に説明してもらわないと、「なんでウチの子はこんななの?!」と自分を追いつめてしまうから。

で、モンテッソーリ的にいえばたぶん、上記の朝食サングラス事件は、
「目の前にあるサングラスをかけてみたいと思う子供の心は自然の欲求で、サングラスを朝食時にテーブルの上に起きっぱなしにしていた親が悪い。子供のための環境を再考すべし。」ってことになるのでしょうが、昨日のサングラス片付けるヒマもないほど毎日バタバタしてんだよー、そんな理想はわかっててもできないんだよーーーっ!というのがこちらの言い分なわけで…。

こんな状態で二人目が生まれて、我が家はどうなっちゃうんだろうか。
申し訳ないけど、新しく産まれてくる子の心配も準備も全くしていません、その余裕すらなく。
とりあえず、今目の前にいるコイツ!!こいつをなんとかせねば!!(泣)
[PR]

by septfilles2 | 2009-06-15 21:40 | 子育て  

<< 涙のプレゼント プール! >>