ゴージャス病院セレブ産?

e0158264_5174771.jpg
これは、私が現在かかっている病院。ここCentro Medico Tecknonで出産の予定。
息子の幼稚園選びと一緒、「家から一番近い」というだけの理由で決めました(安易)。
しかし。
「ここなら、おれがいないときに陣痛始まっても、ひとりで歩いて来れるねっ」
と明るく言い放った夫…。
…彼は、前回の妊娠・出産で、何も学んでいなかったんですね…。
こういう発言には何も言い返す気が起きないので、無視…。

安易に場所だけで決めて、いざ現地にいったらあまりに豪華で、おおげさでビックリ…。イギリスでは国立の質素な病院で無料で産んだというのが自慢?!な私としては、腰が引けます。こんなに色々ちゃんとしてくれなくても産めますよ、ええ、産みましたとも、という気分…。お金は高いし、あれこれお世話されるとかえって面倒で…←大切に扱われることに慣れていない妊婦…

これまた後で知ったことですが、この病院、出産に関してはバルセロナ一の大人気だそう。夫の現地人同僚の奥さんたちなんか、「Tecknonじゃなきゃ産まないもんっ!」って言うんですって。東京の「わたし、聖路加じゃないと産まないもんっ!」みたいな感じでしょうか。

それというのも、スペイン王室の次女・クリスティーナ王女(バルセロナ在住)が4人の子供をみんなココで産んだので、ますます人気が爆発したとか。
e0158264_5302830.jpg
病院の廊下に、こんな証拠写真?!が飾ってあったのでぱちり。うーん、母子ともにロイヤルな雰囲気ですね。私も今度はこんなベビードレス持参で入院しようっと!…息子のときは、わからなかったので、そでなし・足なしの下着だけしか持参せず、日本から来た母が、フニャフニャで手足さらしている息子を見るなり、「そんな、裸みたいな恰好させてっ。可哀想!」と泣いた、という事件があったので、反省…。

ちなみに、気になるお値段を大公開!
この病院のシステム、病院側に支払うお金(施設、備品の利費)と、医師や助産師への謝礼が分かれています。病院側に支払うお金、スタンダードコース(何の問題もない普通分娩の場合)3泊で2,145ユーロ。帝王切開の場合5泊になり3,090ユーロ。医師への謝礼は普通で2,000ユーロ、帝王切開2,500ユーロ。麻酔医への謝礼(無痛分娩が基本です)450ユーロ、助産師には400ユーロ。。。

で、結局トータルいくらかかるの?って、怖くて計算できません…。

↑そしてこれはあくまでも、「分娩」で発生する費用で、それ以前に、毎回の検査、検診でもじゃんじゃかお金が飛んでいきます。まさしく妊娠貧乏の我が家。お財布持たずに病院行ってたイギリス妊婦時代が夢のよう…。
[PR]

by septfilles2 | 2009-04-15 05:54 | バルセロナ生活  

<< タコ屋の娘 マヨルカを走る >>