マヨルカでなぜ?!シリーズ

「なぜマヨルカに来てコレ?!」の食事シリーズ。

その1;インド料理
e0158264_4123845.jpgイギリス人観光客が多いマヨルカ。イギリス人狙いのインド料理が目につきます。ホテルの近所で1軒みつけ。1回はお店で、2回目はホテルにデリバリーしてもらいました…。「えぇ~っ?」という読者の声が聞こえます、はい…。
でもね、言い訳すれば、バルセロナには辛いものがないの!辛いものに飢えていたの!辛いもの苦手なスペイン人のため、こちらバルセロナではタイ料理もインド料理もベトナム料理も、かなりイマイチなのです。そして、一度でもイギリスで生活したことがある人にとってインド料理って「懐かしの味」でしょ?

その2;ブエノスアイレス料理
e0158264_416250.jpgアルゼンチンビーフを謳ったステーキハウス。ここでアルゼンチンのビーフって、どうやって?冷凍→空輸?炭火でじゅーじゅー焼いただけのお肉、シンプルでおいしかったけど…。タンゴがガンガン流れるなか、燃え上がる煙にこっちまで燻されつつ食べたステーキは、「なんでココで…」。最後まで腑に落ちなかった一食(笑)。

その3;ブルガリア料理!
e0158264_426718.jpgこれまたホテルの近所で発見した1軒。ジンギスカン鍋みたいな分厚い鉄の板の上に野菜とお肉を乗せ、お酒をふりかけ、ファイヤー!です。これまたシンプルなだけに旨くてずるいよね系料理。「エバラ焼肉のタレ」が欲しい?!

その4;スシ
e0158264_434405.jpgホテルそばを散歩中、王室のご別荘すぐ向かいで発見した日本料理店、Ken's Dining.こういう場所では、日本料理と謳いながらも経営も作ってるのも中国人というパターンが多く要注意なので、まずはメニュー看板を立ち見。なになに?るいべ?辛みそ??…うーん、これは中国人にはない発想。ここ、いいかも、と踏んだところで、中から「こんにちは、日本人の方…、ですよね?」とお店の方が現れました!お話したところ、こちら、ちゃんと(?)日本人の経営で、「お寿司も大丈夫ですよ。」とのこと。この「大丈夫」という謙虚な言い方、かつ、こちらの諸々の不安をすべてお見通しな感じが泣けたので、入店(笑)。で、出てきたお寿司は、ほんとに「大丈夫」でした(笑)!シャリはちゃんと日本のお米、すし酢も工夫されてるそうです。
ところでこのお姉さん、なんとマヨルカ在住20年とのこと!もっと色々お話したかったなぁ。

で、肝心のスペイン料理は食べなかったのかって?
一度だけ、カテドラル近くのバルに入ってカラマーレス(イカ)を食べたのが、激マズでした…。
というわけで、マヨルカではスペイン料理以外を食べるべし?!
[PR]

by septfilles2 | 2009-04-13 04:49 |  

<< マヨルカを走る イースター@マヨルカ >>